【超初心者向け】プログラミング入門その4

前回に続き、ループ制御(繰り返し処理)について進めていきます。

繰り返し処理とはその名のとおり、何度も実行する同じ処理を繰り返し実行するものとなっています。

例えば、メールを1件送信するプログラムを作成してそれを100回実行するとか、その他さまざまな場面で必要になる処理です。

VBScript のループ制御
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392202.aspx

 

ループ処理にはいくつかの文法がありますが、今回はFor文をとりあげて説明をしていきます。
For文の書き方は下記のようになっています。

For 回数カウント用の変数 = カウント初期値 To カウント最終値
 実行する処理
Next

具体的には下記のように記述します。

上記コードを実行すると次のような画面が表示されると思います。

for1

for2

for3

解説をしますと、

1行目ではカウント回数を格納する用の変数iを宣言しています。

2行目では変数iに1を格納して変数iが3になるまでは下の処理を繰り返し実行するとしています。初回は変数iが1のため条件を満たしますので3行目に進みます。
3行目のMsgBoxを実行した後に変数iに1を加算し2行目に戻ります。(iは2になります)
2行目で変数iが2のため条件を満たしますので3行目に進みます。
3行目のMsgBoxを実行した後に変数iに1を加算し2行目に戻ります。(iは3になります)
2行目で変数iが3のため条件を満たしますので3行目に進みます。
3行目のMsgBoxを実行した後に変数iに1を加算し2行目に戻ります。(iは4になります)
2行目で変数iが4のため条件を満たさないので4行目に飛びます。

以上のような処理になります。

それこそ上記のような文章を100回繰り返し書かなくてはいけないとなると手入力では大変ですが、For文で書くと一発で完了します。

繰り返し部分だけの記述例としては下記のようになります。

100回だと画面に表示されないので10回としています。
実行すると下記のように表示されると思います。

for4

繰り返し回数が1000回や10000回となるととても手作業ではできませんが、ループ処理をつくればすぐに完了します。

 

なお、上記コードでvbCrLfという箇所がありますが、これは改行を意味します。

例えば「こんにちは!」と「さようなら!」を改行して表示したい場合には下記のように記述します。

実行すると下記のように表示がされます。

for5

 

いかがでしょうか。

次回は「関数」について簡単に説明をして一旦VBScriptは終了させて頂き、ExcelVBAの入門に移っていきたいと考えてます。

また次回もぜひご覧ください!

※大学生(就活生)の方を対象に無料でプログラミング講習も実施しています。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

sugi

sugi

記事一覧

30代の既婚者子持ちです。Huluで「いないいないばあっ!」というNHK Eテレの番組を再生すると、ぐずっている子供が大人しくなる事を最近学びました。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 【学者から学ぶ名言①】~食への思想

    こんにちは!キャリアバズ編集部のタカです! 学生時代から現在もですが、食欲旺盛で食べること…

おすすめ記事

  1. 以前の記事でMR(複合現実)について紹介しましたが、 マイクロソフトが開発中の「HoloLens」…
  2. どーも! 寝るときは常に右向き派takaです。 今回は大学生なら絶対に知っておくべき…
  3. 出典:http://jakelovescake.com/ こんにちは!キャリアバズ編集部の…
  4. キャリアバズ編集部です。 暇さえあれば映画ばかり観ています。休日は一日映画漬けなんてことも。 …
  5. 出典:http://occult.xxxblog.jp/archives/4927549.htm…

話題をチェック!

  1. こんにちは。キャリアバズ編集部のryotaです。 就活は、一生が決まるといっても過言で…
  2. みなさんこんにちは、キャリアバズ編集部yoshiです。 今回は東京に訪れた際に、ぜひ行っていた…
  3. こんにちはキャリアバズ編集部yoshiです。 みなさんご存じの家具販売会社のIKEAが デザイン…
ページ上部へ戻る