ポケモンGO あの噂は本当なのかやってみた

流行りに流されてはだめだ!そう私の中で何かがそういった気がした。

もうどれくらい経つのであろうか…スマホの動作が重い…

私は流されてしまったようだ。後悔と自分への情けない気持ちが私を襲った。

それと同時に一つの衝動に駆られた。

『街を歩いてみたい…』

一体どうなるというのだ…ここはいつもと変わらぬ渋谷なはず…何を期待している俺…その先にハッピーエンドなんかあるわけがない。否、ない。

気が付いたら私は、あたかも営業に行くのであろう佇まいで声を発していた。

「いってきまーす」と

私は(会社から)解き放たれた。こんな気持ちは初めてであった。お空が…青い…

嗚呼、こんな日に建物にこもっている迷える子羊たちよ… 私は自由だ… 
早速、スマホを取り出してみた。…始まるのか。

戻るなら今しかない…

否、私は前へ進む。もう後戻りなどできるわけがないのだ。
そう、私は営業として社を飛び出したのであるから…

poke1

 

今更ではあるが、これは社会人1年目でポケモンGOを始めてしまった男の末路をつづった物語である。

否、早速私はTwitterで流れている情報を頼りにしていた。
こう見えて慎重な性格なのである。且つ、ゲームを始める前に説明書はしっかり暗記してからゲームを始める派の人間なのである。

ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネを無視し続け500メートル歩けだ…と…?

どうやら、ピカチュウが出てきて一匹目のポケモンとして捕まえれるみたいである。

とりあえず歩く。3体のポケモンはこれでもかとついてくる。私は負けない。

電車の中でそれは出てきた。一部始終をとらえる勇気もなく。感動の瞬間を京王井之頭線で迎えることとなった。

pika2

 

ほんとうにでた。

maru

maru

記事一覧

稀にみる面白くない大阪人です。
東京に来て面白いことをしなければ生き残れないというプレッシャーの中、
日々生きています。maruです。

趣味は、拭き掃除です。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 【学者から学ぶ名言④】~人類の代償~

    どーも。 編集部のtakaです。 このシリーズは学生に学者たちの名言を紹介する事により、…

おすすめ記事

  1. こんにちは!キャリアバズ編集部のタカです! 最近EDMという音楽ジャンルから生まれた新しい…
  2. どーも! キャリアバズ編集部のtakaです。 このシリーズは学生に学者たちの名言を紹…
  3. maruです。 恋愛って難しいですよねっ 最初は燃え上がって、意中の相手ことばかり考…
  4. 大学生の皆さんは今年の夏はどのように過ごされますか?BBQ、海、ドライブと楽しみが多く、ワク…
  5. こんにちは! yusukeです! 今日はお酒は飲みたいでも太りたくない、ダイエット中…

話題をチェック!

  1. 「どもぉ~」(秋田弁)takaです。 「悪い子はいねぇが~」 子供の時はなまはげに脅かされて…
  2. こんにちは!キャリアバズ編集部のタカです! 最近EDMという音楽ジャンルから生まれた新しい…
  3. 出典 皆さんこんにちは。キャリアバズ編集部のryotaです。 人間誰しもルックスを気…
ページ上部へ戻る