学生の間に読んでほしい本【夢をかなえるゾウ】

この本を、大学生に紹介する理由は、原作がドラマ化され

さらに主演は私が好きな女優、水川あさみさん…

zou

 

だからという理由ではない。

今回は、読書が苦手な人でも非常に読みやすい本、且つ勉強になる内容だからである。

ちなみにシリーズは現在、第三作まで発売されており

シリーズ累計270万部を超える大ベストセラーなのである。

zou2

 

著者である水野敬也氏は他にも様々な作品を生み出しており

そのほとんどがベストセラーとなっている。

例えるならば、小説界のイチローなのである。
*出身もイチローと同じ愛知県西春日井郡

1.ストーリーの内容

何をやっても三日坊主で平凡なサラリーマンが

「自分を変えたい」という一心でインドへ旅行に行く。

そこでインドで神様と言われているゾウの置物を購入する。

帰国後、会社関係で実業家のパーティーに参加することになる。

だが、周りは高いレベルで成功している人たち。

まったく相手にされなかった主人公は、浴びるほど酒を飲み家路についた。

そこで、インドで買った像の置物に

「変わりたい!自分も成功したい!」と泣きながら祈った。

翌朝、目が覚めるとインドのゾウの神様である。ガネーシャが部屋にいた。

zou3

この物語は主人公の夢を叶えるべく、

ガネーシャが出した課題に取り組み、進化してく男の様を描いた作品である。

 

2.物語に登場するガネーシャからの課題とは

・靴を磨く

・お釣りを募金する

・トイレを磨く

その他にも様々な課題が登場します。

一見、成功とは直接関係しそうにないですが、

どれも本書を読めば必ず理解できる内容になっています。

 

3.読み進めやすい理由

インドの神様であるガネーシャがなぜか関西弁

私も考えました。インドの神様なのになぜ、、、関西弁なのか。

結局答えは見つからなかった。

だがこれだけはハッキリした。

読み進めていくと、次第にガネーシャの印象がある人物に思えてくる。

そう、、、    鶴瓶師匠に、、、

zou4

zou5

 

これは私だけだろうか。

否、国民の3分の1は間違いなく鶴瓶派であろう。

 

だが実際にドラマでガネーシャを演じたのは

 

zou6

古田新太氏であった。

だが、古田新太氏のガネーシャも味があり、個人的には好きであった。

と、読み進めやすい本なので通学時間や気分転換にぜひ!

maru

maru

記事一覧

稀にみる面白くない大阪人です。
東京に来て面白いことをしなければ生き残れないというプレッシャーの中、
日々生きています。maruです。

趣味は、拭き掃除です。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 従来のエレベーターの概念を覆す発想!!

    まず、この動画を見てください! ハリー・ポッター ファンな…

おすすめ記事

  1. こんにちは!キャリアバズ編集部のyusukeです! 今働き方についていろいろと問題となって…
  2. 2017卒の新卒採用活動は現在真っ只中!! しかし、2018年卒はもう始まっていると知っていますか…
  3. 今回、紹介するのは、 コミュニケーションにおける男女の違いを詳しく話したいと思います。 …
  4. こんにちは! ふと昔の名曲に浸っているtakaです。 心に残る洋楽は歌詞が気になって…
  5. こんにちは。キャリアバズ編集部のryotaです。 私は、体育大学出身ということもあり、…

話題をチェック!

  1. 以前の記事でMR(複合現実)について紹介しましたが、 マイクロソフトが開発中の「HoloLens」…
  2. 北陸新幹線が2015年に開業してから、 以前よりも石川県へアクセスが容易になりました。 …
  3. 学生の皆さんこんにちは。キャリアバズ編集部のryotaです。 男女問わず、異性に対していい印象…
ページ上部へ戻る